読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

【B.5ライフ】内装編 Part6(完)

B.5ライフ

f:id:nasunouka:20151230200559p:plain

遥かなる旅路 さらば貯蓄

入居作業

f:id:nasunouka:20151230201053j:plain

アパートを退去し、現地に荷物が届いた。

後はこれらを室内に配置するだけだ。

f:id:nasunouka:20151230201242p:plain

f:id:nasunouka:20151230201543p:plain

まずはローテーブルを配置。

室内の奥行きとメタルラックの幅とローテーブルの幅を計算してあるので、ほぼピッタリといった具合で収まる。

f:id:nasunouka:20151230201721p:plain

 次にPCを設置。

f:id:nasunouka:20151230201936p:plain

これもあらかじめ、デッドスペースが生じないようにPCケースをカスタムしてあるので、テーブル回りが整理されて使いやすい。

f:id:nasunouka:20151230202250p:plain

次は家財道具の搬入だ。

台所用品を除いて、ほとんどの家財はメタルラックに全て収まるよう計算してある。

家財は小さめの強化ダンボールに分けて格納してあるが、ダンボール2つでちょうどラック1段の横幅である。

f:id:nasunouka:20151230202657p:plain

最後に、台所用品を配置。

まだこの時点では玄米が残っているが、食い終わり次第卒業。

詳細は別の機会にでも書くが、これ以降は原始人食(もどき)へと移行する。

追加設備

また後日の話ではあるが、しばらく実際に暮らしてみて、問題を感じる点がいくつかあったので修正した。

ドアビューアー

f:id:nasunouka:20151230204156j:plain

現在設置しているアクリル窓は、プライバシー保護の観点から曇りガラスタイプにしているが、やはり外の風景もある程度見えるようにしたいと思った。せっかく景色がいい立地なので。

f:id:nasunouka:20151230204425j:plain

そこで『ドアビューアー』というパーツを設置する。1,180円也。

これは要するに、アパートのドアについているのぞき窓用のアレである。

f:id:nasunouka:20151230204556j:plain

直径12㎜の穴を開け、内側と外側からはめてねじ込めばよい。

ドアの木材の厚さは40㎜なので、ぎりぎり大丈夫だ。

f:id:nasunouka:20151230204747j:plain

では設置個所に12mmの穴を開ける。たまたま12㎜のドリルビットがなかったので、それを含む3本セットのビットを購入した。1,280円也。

f:id:nasunouka:20151230204939j:plain

そしてドアビューアーを二つに分解。

f:id:nasunouka:20151230204948j:plain

f:id:nasunouka:20151230205031j:plain

f:id:nasunouka:20151230205105j:plain

こんな感じで設置完了。

f:id:nasunouka:20151230205124j:plain

外の綺麗な景色がよく見えるようになった。

トイレ踏み台

f:id:nasunouka:20151230205256j:plain

この前書いた通り、トイレはポリタンクに貯めた水を投入して汚物を流す仕組みだが、手で水を注ぐ以上、どうしても水がこぼれて床が濡れてしまうことが多い。

クッションフロアは塩ビ製らしいので、別に問題ないとは思うが、何となく洗練されていないし劣化が早まりそうな気もする。

そこで、水がこぼれても吸ってくれるように、木製の台を設置することにした。

f:id:nasunouka:20151230205829j:plain

45cm×60cm×15㎜のベニヤ2枚で2,160円也。鋼製コンパス1,280円也。ジグソー2980円也。

f:id:nasunouka:20151230205945j:plain

まずベニヤ板に、マジックとコンパスで切断個所をマーキング。

f:id:nasunouka:20151230210017j:plain

マークに従ってジグソーで切断。

f:id:nasunouka:20151230225801j:plain

穴あけ終了。

f:id:nasunouka:20151230210142j:plain

次に、もう1枚のベニヤをこのように切断し――

f:id:nasunouka:20151230210159j:plain

木工ボンドを塗布して接着。

f:id:nasunouka:20151230210216j:plain

乾燥したら台本体は完成。

f:id:nasunouka:20151230210245j:plain

f:id:nasunouka:20151230210302j:plain

便器を一旦取り外し、台を設置して終了。

これで水が零れても、ベニヤが吸水してくれるようになった。

完成風景

f:id:nasunouka:20151230202831j:plain

まずこれがハウスの南半分。2畳の空間にPCや寝袋などが配置されており、ここがメインの生活スペースとなる。

衣服は壁に打ち込んだコーススレッドにハンガーで引っかける形なので、ほとんど邪魔にはならない。価格は忘れたが、ハンガー6つで1,500円ぐらい?

またラック側面には余ったSカンを付けており、そこにバッグや箒&ちり取りを引っかけてある。

f:id:nasunouka:20151230203332j:plain

そしてこちらが北半分。同じく2畳のスペースに、トイレや流し台などが設置してある。

台所用品は全て流し台の下に配置。ゴミ袋は衣服と同じく、壁に打ち付けたコーススレッドに引っかけてある。

その気になれば、流し台の右横を拡張スペースとして、冷蔵庫を置いたり、もしくはシャワーを置くこともできそうだ(やらないけど)。

f:id:nasunouka:20151230210733p:plain

 

……以上をもって

 

全  工  程  終  了

 

総費用

内装編

ペグ系

ペグ抜きハンマー:1,164円

ステンレスペグ6本:1,774円

ステンレスアイプレート6個:494円

ポリプロロープ2本:756円

アルミ自在12個セット:648円

屋根改修

コンパネ4枚:5,920円

ステンレスコーススレッド:2,149円

床束

マルチポスト12個:6,181円

横筋コンクリートブロック:2,352円

壁面&床

シナベニヤ12枚:26,040円

ステンレス木ネジ:1,056円

クッションフロア:6,591円

エアコン

エアコン本体:58,880円

プラロック:1,467円

コアドリル65㎜セット:10,790円

電気ドリル:3,863円

VVFケーブル:889円

エアコン配管セット:3,549円

真空ポンプセットレンタル:2,000円

トイレ

つまみ付き掃除口200:4,800円

インクリーザー200×100:1,501円

VP100管:1,780円

ダクト用フランジ100A 2個:1,300円

コアドリル115㎜ カッター単品:8,208円

自作ゴムパッキン:500円

VU100管:915円

異径エルボ100×75:690円

VU75管:795円

伸縮継手75:1,620円

偏芯インクリーザー75×100:226円

異径エルボ100×150:1,285円

持ち出しニップル150:960円

フロアーナット付きプレート2個:958円

ポケット勾配計:2,149円

配管保護テープ2種:829円

ヒートガン:4,639円

共栓:6,458円

バス栓用くさり:431円

クリーンアダプター:628円

インテリア各種

流し台:10,900円

ドア用クッション4個:1,892円

ベニヤ2枚:1,316円

ストレート打掛:257円

ステップル:183円

コード付きレセプタクル:1,014円

4分岐アダプター:1,680円

LED電球4個:4,582円

ケーブルタップ:997円

メタルラック:14,904円

サドル2個:43円

給水用ポリタンク:2,633円

ステンレスアイプレート2個:879円

Sカン4個:2,155円

ホース:147円

流し台フタ:257円

タップ2種:1,336円

トイレ用ポリタンク:1,791円

タオル掛け:798円

郵便ポスト:14,167円

ポスト台座:5,741円

振動ドリル:7,971円

ドリルビット:861円

コンクリートプラグ:213円

コンクリートビス:861円

異径エルボ100×75:690円

呼び水用ポリタンク:939円

ドアビューアー1,180円

ドリルビット3本:1,280円

ベニヤ2枚:2,160円

鋼製コンパス:1,280円

ジグソー:2,980円 

ハンガー6個:1,500円

合計:266,822円

だがこれはあくまで、必要最低限の材料費なので、実際はもっとかかっている。交通費とかも含め、実質35万円ぐらいだろう。

モバイルハウス編

304,450円(実質約35万円)

防草&整地編

176,806円(実質約20万円)

下水編

約150,000円

井戸掘り編

約74,500円

電気引き込み編

約110,000円

土地探し編

1,229,445円

名目総費用

2,312,023円

実質総費用(余分な買い物&交通費etc)

約250万円

 今後のスケジュール 

1. 土地を買う【CLEAR!!】

2. 電気を引き込む【CLEAR!!】

3. 井戸を掘る【CLEAR!!】

4. 下水導入【CLEAR!!】

5. 整地&防草処置【CLEAR!!】

6. 『モバイルハウス』建築【CLEAR!!】

7. 内装作業【CLEAR!!】

8. 『B.5ライフ』スタート!!←今ココ!! 

 

f:id:nasunouka:20151230221656p:plain

 

終わったよ……

 

あとがき

さて……これでようやく『始まりの終わり』である。

結婚生活と同じで、実際にB.5ライフが始まってからが本番。

 

ここからが本当のスタート。

 

というわけで、これ以降B.5ライフ系の記事はあまり書かなくなるだろうね。だってネタがないから。

逆に記事ネタに困らないような生活というのは、見てる分には面白いだろうけど、住む側からすれば単に不便なだけである。普通に快適な生活を送っているなら、記事ネタにするようなイベントなどそうそう起きないのが正常。

最初は楽しい小屋暮らしも、所詮は『生活』である以上、それがいつしか当たり前の『日常』と化すので、わざわざ意識するほどの何かなど起きない。

だがそれで正解なのだ。生活というのは娯楽ではないのだから、空気のように意識しないものであるべきだし、さもなくば長続きなどしない。

よって以降、もし自分がB.5ライフ系の記事を書かなくなったら、小屋で普通に快適な生活を送っているものと思ってください。

(町内会ネタや、各種メンテナンス、定期報告ぐらいは書く予定だけど)

広告を非表示にする