読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

アンダーウェアとタオルをめぐる冒険(中)

f:id:nasunouka:20151210193847p:plain

トランクス遍歴

最初に身に着けていたのは、『こだわりも何もないテキトーな綿トランクス』

f:id:nasunouka:20151210204411p:plain

今にして思えば、何であんなしょうもないデザインのものを履いていたのかと小一時間問い詰めたくなりますが、まぁ要するにどうでも良かったのでしょう。

その次に、無印良品で買ったブラックの綿トランクス』を着用。

f:id:nasunouka:20151210204133j:plain

(これはカーキ)

しかし例によって綿というのは、湿気を吸うとジトーッと重くなる感じがして、やはり日本には向いていないような気がしました。

麻トランクス

もっと速乾性のあるトランクスはないのかと探した結果、当時麻製品にハマっていた自分は、やはり『麻のトランクス』を購入するに至ります。

f:id:nasunouka:20151210195552j:plain

最初は写真右上の黒系トランクスを選びましたが、染色された麻製品はやはり生地が薄っぺらなため、無染色のゴワゴワ厚手タイプに乗り換え。

f:id:nasunouka:20151210194431j:plain

見たくれは正直微妙ですが、これはこれで『漢らしい』というか、媚びない感じが嫌いじゃなかったりします。どうせズボン履けば見えないしね。

なにゆえ麻なのに『こっとん』なのかは不明ですが……。

速乾性はもちろん、ゴワゴワな麻生地の強靭さや、抗菌性にも期待した上でのことです。

実際綿トランクスよりはジトッとしないですし、生地もすごい丈夫で長持ちしそうなので、それなりに気に入っていました。

しかし、ある欠陥が判明……。

 

 

カビです。 

 

 

梅雨の最も蒸し暑い時期、うっかり水に濡らしたまま麻トランクスを放置していたら、見事な黒カビがそれはもうビッシリと……。 

f:id:nasunouka:20151210200232g:plain

抗菌性に優れてるのに何でカビ生えるねん(憤慨 

ダメ元でカビキラーを購入し、一晩漬けおきして洗ってはみましたが、やっぱダメでした。 

「もう天然繊維はいかん……日本の梅雨は手ごわすぎる……」

 ポリエステルトランクス

 そうして結局、Tシャツと同じくポリエステル系の化繊トランクスに目標変更。 

f:id:nasunouka:20151210201140j:plain

ミズノの『ドライベクター』という速乾トランクスです。

しかし、履いてみるとなんか違和感を感じる。

あぁそうか……これ普通のトランクスじゃなくて『ボクサートランクス』だった……。

今どきはボクサータイプの方が主流なんでしょうが、自分はどうも昔ながらのトランクスでないと、チンポジが悪くて気持ち悪いです。というかむしろ、フロントのチン袋がいらんのですよね。やはり下着は昔から馴染んだものでないとダメだ。

ご老人方がブリーフを愛用してるのと似たような感覚でしょうか?

ともかく速乾性云々以前の問題で、あえなくフェードアウトしました。

もうこの頃になると、いい加減出費が多すぎて嫌気が差していましたが、「今度こそ」という思いをこめて、最後に選んだのがコチラです。

f:id:nasunouka:20151210201850p:plain

あ、見つかったわ……。

 

何がって、『運命のアイテム』がですよ。

一目見た瞬間にビビッと来ましたね、自分の『ミニマリストセンサー』が。

ポリエステル製で、普通のトランクスで、デザインが良くて、値段もそこそこ。

『機能性』と『見た目』のどちらを取るかと言われたら、そりゃあ迷わず機能性を選びますが、肌に密着させる最重要アイテムである以上、デザインも良いに越したことはありません。

 

こうして長き 散財 冒険に終止符が打たれたのであった。

 

広告を非表示にする