読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

チタン印鑑

f:id:nasunouka:20151207184900j:plain

ハンコ文化はメンドイ

かつて自分は、普通に100円ショップで売っているレベルのいわゆる『三文判』を使用していました。

しかし押印を続けるうちに縁の部分が欠けてしまい、交換を余儀なくされました。

そしてその時に思い知らされたのは、とにかく日本のハンコ文化は面倒くさい! ということです。

使用しているハンコが変わると、銀行などの『届出印』が違うとか言われ、手続きを踏まされます。後は実印がどうやら、印鑑証明がどうやらetc……。

そもそも、ハンコなんてセキュリティもクソもない代物に頼ってるのは、『時代錯誤』というレベルを通り越して、『時空間が停止してる』としか思えませんよ。それもなぜか日本という国だけがね。

サインで全部OKになれば、印鑑関連の面倒な手続きもなくなるし、それ以前にハンコという物品を所有しなくて済みます。良いことづくめです。

こんな非合理的なものがいつまで経っても淘汰されないから、ガラパゴス言われるんですよね。

……とは言ったものの、現実問題ハンコを持たなきゃいけない文化は当分変わりそうにないので、むしろ下手したら自分が死ぬまでそうかもしれないので、この機にちゃんとしたハンコを買うことにしました。

コンセプトは『とにかく長持ちするもの』『二度と買い替えなくて済むもの』です。

できれば死ぬまで二度と金輪際、ハンコなんてどうでもいいもののためにエネルギーを消耗したくありませんよ。最優先で真っ先に省力化すべきカテゴリーだと思います。

そして買ったのがコチラ。

f:id:nasunouka:20151207184409j:plain

チタン印鑑です。

 ハンコを選ぶにあたって、『宝石』とか『木』とか『象牙』とか色々候補はありましたが、とにかく耐久性重視で選んだ結果こうなりました。

f:id:nasunouka:20151207183204p:plain

(なんかもう『耐久性』が限界突破しちゃってます)

幸い、3,000円程度でセールしてるショップがあったのでそこで購入。

名字のフォントも三文判とは違い、いかにもハンコって感じのオシャレなものになりました。(見せられませんが)

……え? 実印? 認印? 銀行印? 使い分け?

んな面倒くさいもん、実印一つでOKですよ。自分ごとき低所得者が神経質に気にすることじゃないです。

f:id:nasunouka:20151207184425j:plain

f:id:nasunouka:20151207184433j:plain

後はついでに、チタンカラーに合わせて印鑑ケースも新調しました。こっちはチタン使ってるわけじゃないんでそのうち劣化するでしょうが、これでひとまずハンコのことは一切考えなくて良くなりました。

広告を非表示にする