読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

ハクキンカイロ

ガジェット・断捨離

f:id:nasunouka:20151205155352j:plain

白金(プラチナ)懐炉

ハクキンカイロ』という名の携帯カイロがあります。

普通カイロと言いますと、『ホッカイロ』のような使い捨てカイロが思い浮かぶかと思いますが、このハクキンカイロは違います。

f:id:nasunouka:20151205160336j:plain

ハイパワー!なのに低燃費
熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍。
発熱温度も一定していますので、寒冷地や冬の野外のレジャー時に、非常に威力を発揮します。
一方で、熱量消費はほんのわずか。たった25ccのべンジンで最大約24時間保温できる燃費の低さです。

繰り返し使用できるロングライフ製品
ベンジンを注油し“繰り返し使用”できる環境に優しいカイロです。長期間ご使用いただけるロングライフ製品です。さらにすべての交換部品を取り揃えており、メンテナンスは抜群です。

環境にやさしいクリーンエネルギー
ハクキンカイロは、ベンジンの気化ガスがプラチナと接触して発熱する科学原理によるもので、直接ベンジンに火をつけているわけではありません。マッチやライターを用いるのは、プラチナの接触反応を開始させる温度を与えるためです。
気化したベンジンがプラチナの接触作用により「炭酸ガスと水」に分解され、そのとき発生する酸化熱を応用した、環境にとても優しい、安全でクリーンなハイテクカイロです。

 

(公式サイトより引用)

 要するに、容器内にベンジンを補充して、その働きで熱を発生させる『燃料型カイロ』ということです。

この商品の歴史は古く、発明されたのは1923年だとか。

f:id:nasunouka:20151205160457j:plain

また別会社になりますが、同様の商品として『ZIPPOハンディウォーマー』というものもあります。

f:id:nasunouka:20151205160731j:plain

自分はこちらを使ったことはありませんが、性能はほとんど同じと考えてよいでしょう。

使い方

f:id:nasunouka:20151205164555j:plain

ハクキンカイロ本体、ベンジン補充用ロート、カイロ固定用ベルト)

f:id:nasunouka:20151205164614j:plain

(サイズは各種あり)

f:id:nasunouka:20151205164624j:plain

(容器内はただの脱脂綿)

f:id:nasunouka:20151205164739j:plain

(ロートを先端にはめてベンジンを流し込む)

f:id:nasunouka:20151205164802j:plain

(後はプラチナ触媒の仕込まれたキャップをはめ、先端を数秒熱すればOK)

使い方ですが、容器にベンジンを補充した後、先端部をライターやマッチで数秒熱してあげればOKです。後は勝手にベンジンが先端部のプラチナ触媒と反応開始し、熱が発生します。

ただし、熱量全開になったハクキンカイロは、素手で触り続けると火傷するレベルなので、素肌に直接密着させるのはNGです。

ハクキンカイロ用のベルトが何種類かあるので、それに収めてから体に密着させます。

f:id:nasunouka:20151205161830j:plain

ハクキンカイロの公式ベルトというものもありますが、入手方法が面倒なのと価格が高めなので、自分は他社の汎用カイロベルトを持っています。

f:id:nasunouka:20151205161841j:plain

また燃料のベンジンについては、これもハクキンカイロ専用のベンジンがありますが、やはり価格が高めなのと、入手しにくいのが欠点。

f:id:nasunouka:20151205161626j:plainf:id:nasunouka:20151205161657j:plain

ZIPPOオイルなら普通に使用できて入手もしやすいですが、こちらも価格はちょっと高い。

f:id:nasunouka:20151205161556j:plain

他にもいくつか汎用カイロ用ベンジンがありますので、自分は写真左端のエビスベンジンというものを使っていました。どのベンジンを使えばよいかは、『ハクキンカイロ非公式ファンサイト』なるものがありますので、そこでリサーチすれば良いかと思います。

ハクキンカイロ 非公式ファンサイト

自分がハクキンカイロを使わない理由

さてここまで書いておいて何ですが、自分は現在ハクキンカイロを使っていません。

理由はいくつかあります。

 

ベンジンの補充作業およびベンジンボトルの買い替えが面倒。

・熱量13倍とは言っても、文字通り13倍暖かくなるわけではない。普通のカイロより暖かいのは分かるが、局所的に暖かいだけなので、全体的には大して変わらないし、冷たい空間の中にいたらやはり寒いものは寒い。

・せっかく熱量があっても、そのままでは熱すぎて火傷するため袋に入れるから、暖かさがスポイルされているように思う。局所的に熱いよりも、広範囲でほどほど暖かい方が助かるのだが。

・固定にはベルト使用が必須のため、使い捨てカイロと違って体の好きな箇所に張り付けることができない。せいぜい背中の肩甲骨の辺りか、腰のあたりに限定される。(カイロを入れられる手袋とかもあるっちゃあるけれど)

 

門外漢の自分が言うのも何ですが、色々と勿体ない部分が多いんですよね。

もっと手軽に固定する方法があって、素肌に密着させられる程度の熱量で、その代わりもっと広範な部分を暖められれば完璧なんですが、さすがにそれは贅沢が過ぎるんでしょうね。

要するに『電熱服』とかその辺が、ベンジン燃料で使えるようになればいい、って話ですか。まぁそんなものが商品化されたとしても激しく高いでしょうが……。(むしろベンジンじゃなくて普通にバッテリーでいい)

後は決定的な理由として、ハクキンカイロを導入するより、『普通に重ね着した方がよほど暖かい』という事実があります。

『インナー』『ミドラー』『アウター』の3層構造にしても寒いなら、更にミドラーを追加して、『インナー』『ミドラー1』『ミドラー2』『アウター』の4層構造にでもすればいいんですよ。その方がよほど手っ取り早く暖まります。

「それでもなお寒い」「これ以上重ね着するのは限界がある」そんな時に最後のオプションとして頼るのが、このハクキンカイロだと思うんですよね。

別にハクキンカイロそれ自体が悪いわけではないんですが、自分の場合は単に『ハクキンカイロが必要なほど寒い場面には出くわしていない』というのが真相でしょう。要は優先順位の問題。

日常的に使うなら、服でカバーできない箇所にスポットで張り付けられる、使い捨てカイロの方が向いてると思った次第です。

広告を非表示にする