読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

なぜ生玄米を食うのか

健康

f:id:nasunouka:20151201194924j:plain

『生玄米』の盲目的信仰?

さて先日、生玄米についての見解をちょろっと書きました。

要するに『生玄米は胃や小腸では消化されないが、大腸で発酵分解される~』とかそんな感じの内容です。

それに対して、このようなはてブコメントが。

f:id:nasunouka:20151201181314p:plain

暗に自分は『フードファディスト』だと言われているような気がしますが、気のせいでしょうか。

フードファディズム (food faddism) とは、食べもの栄養健康病気に与える影響を、熱狂的、あるいは過大に信じること[1]。科学が立証したこと以上にその影響を信じ固執していることであり[1]、科学が立証したことに関係なく食べものや栄養が与える影響を過大に評価することである[1]

でもま、それは事実なので構わんですけどね。

自分は現代科学を70%は信じていますが、残り30%は信じていません。科学で証明されていないからといって、それがデマであるということにはならないでしょうし、現に自分は砂糖や炭水化物が体に良くないと信じていて、かつ不食者の存在も信じているからです。(『ゆっくり霊夢魔理沙の砂糖中毒講座』にも『フードファディスト』タグが付いてました)

よって自分はフードファディストです。

さて話を戻しますが、この方は自分の記事に対する反証として、次にこのサイトをブクマしているようです。

生玄米粉 GI値 β(ベータ)デンプンは消化されない 短鎖脂肪酸

自分もこのサイトにはお世話になりました。現代の『世間的感覚』からすると、この小西氏も十分にフードファディストに分類される気はしますが、未開拓の領域を模索する人は大体そんなもんでしょう。

西式・甲田式健康法を長年実践しつつも、最終的に袂を分かった方の経験談というのは、自分の如き若輩には得難い貴重なものであります。

そしてリンク先の記事の内容をまとめますと、『生玄米でも血糖値はそれなりに上がるから体に良くない』『生玄米が大腸内で発酵分解されるというのはソースが怪しい』といったものです。

が、今回のコメを頂いた方、何か誤解をされてるような気がしてならないので、今も自分のブログを見ているかは怪しいですが、一応解ける誤解は解いておきます。

自分は生玄米信者ではありません。

『大腸内発酵が云々~』のくだりはいかにも紛らわしかったと思いますが、そうではありません。

先のサイトの運営者である小西氏と自分は、『人間にとってもっとも適した食事は何か?』という点において、ほぼ見解が一致しています。

原始人食です。

 小西氏の言葉を借りるなら『糖質制限食』ですね。

 具体的には、肉などに代表される脂質やたんぱく質を主体とした食事メニューのことです。

というのも理由は簡単で、人間が穀物の栽培を始め、糖質主体の食事を採るようになった歴史はたかだか数千年ですが、それ以前の原始人たちは数百万年もの間、肉や木の実などを主体とした『ローカーボ食』を続けてきたものと推測されるからです。

ですから、人体にとってどちらの食事が適しているかなど、冷静に考えればすぐ分かります。

現に、人体の血糖値を上昇させるホルモンは複数存在しますが、逆に血糖値を下げるホルモンはインスリンの1種類しか存在しません。糖質を数千年食べ続けてきたとはいえ、未だ人体は血糖値が上がる食事に慣れていない証拠です。

現代病と呼ばれるガンも、糖質ばかりに偏った食事が原因でしょう。

……というかこの辺の内容、自分がさんざん過去記事で書き尽くしたことなんですけどね。

なぜ生玄米を食うのか

本題ですが、小西氏の述べる『生玄米でも血糖値はそれなりに上がるから体に良くない』『生玄米が大腸内で発酵分解されるというのはソースが怪しい』という2点については、自分ももっともな意見だとは思います。

ではなぜ、そこまで分かっていながら生玄米を食うのかといえば、先の過去記事にも書いてますが、原始人食は単純に『高い』からです。

 ……まぁ正直に言えば、多少毎月の食費が膨れ上がろうとも、健康重視で原始人食始めてみたい、って気持ちはあるんですよ。

ですが自分は、ただでさえB.5ライフを志すような人間ですし、老後は最低限の生活費で生きていこうと模索している次第ですので、毎月の固定費が上がるのは正直キツイ。

そのため現時点では、健康も大事だけどお金も大事ということで、『折衷案の次善策』として、生玄米に落ち着いているに過ぎません。

 

「いやいやいや、生玄米のβデンプンでも血糖値は上がるよ」????

 

んなこたぁ言われなくても分かってるんですよ(涙

(1年前まで知りませんでしたが)

 

でもいいじゃないですか? 小西氏も明言していますが、生玄米でも血糖値が上がるとはいえ、普通に炊いたご飯よりは上がらないんですから。

生玄米粉でも糖化はおきます。

GIは低いですが、やはり糖化の原因になります。

自分的には十分ありがたいです。それすらもダメって言われたら、正直食うもんがなくなっちゃいます。

 

100点満点の『Best』ではないにせよ、70点の『Good』ぐらいには認めてくれたっていいじゃない。だって低所得だもの

少なくとも『砂糖中毒』『機能性低血糖症の昔の自分に比べたら『Better』ですよ。

 

また『生玄米が大腸内で発酵分解されるかはソースが怪しい』という点ですが、確かに自分も、大腸内にカメラを挿入して発酵分解の様子を観察したわけでもなく、残渣の成分を抽出して組成分析などもしていませんから、実際のところは知りようがありません。

とは言え、自分は過去に生玄米だけで生活していた時期がありますので、その時の健康状態を考えますと、少なくとも『生玄米は消化されず栄養が吸収されない』ということはないだろう、と確信しています。

現にβデンプンは、ご飯未満に血糖値を上げる程度には消化されてるわけですし、後は脂質とかタンパク質とかビタミンとかミネラルとかも、果たして大腸内発酵なのかは不明であるにせよ、どこかで吸収はされてるはずなんですよね。でなければ自分はとっくにぶっ倒れてるはずなので。

そう考えますとやはり、原始人食(糖質制限食)には及ばず、しばしば過大評価されがちとは言えど、生玄米もそれなりには評価できる食品だと思うんですよ。

それこそ『次善策』と呼べる程度にはね。

まぁ、吸水させて発芽モードに移行させ、アブシジン酸やフィチン酸を無害化させるなど、面倒な手間も多いんですが……。

結論

 

しばらく現状は70点でOK。

 

100点を目指すかは、今後の気分と金次第。

 

広告を非表示にする