読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

寒い冬のコーディネート

f:id:nasunouka:20151130203216j:plain

『防寒3レイヤー構造』

この前、自分の『制服』を紹介しましたが、なぜあの服のコーディネートを採用したのか、『防寒』という視点から解説します。

f:id:nasunouka:20151127215019j:plain

f:id:nasunouka:20151127215357j:plain

トップスの組み合わせは『防寒インナー』+『ダウンジャケット』+『マウンテンパーカー』となっていますが、ただ適当にこの組み合わせにしたわけではありません。

冬服でこのような『インナー』『ミドラー』『アウター』の3層構造を形成することが、アウトドアでの防寒の基本とされているからです

それぞれの層(レイヤー)の特徴

インナー

まず『インナー』は、重ね着の一番下にくる部分です。

肌に直接触れるので、暖かいのはもちろん、吸湿性を備えていることが条件となります。水分を吸わない素材のインナーですと、蒸れて着心地が悪いのはもちろん、汗が冷えて体温を奪うことにもなりかねません。

代表的な防寒インナーとしては、ブレスサーモヒートテックなんぞが挙げられますね。人体から発せられる水分を利用して発熱する系のインナーです。

自分は体を動かさない事務仕事の防寒着として買ったので、『光電子』というフィッシングメーカーのインナーを着用しています。ただまぁ、無機能のインナーと比較したわけではないので、効果のほどは今いち良く分からないんですが(汗

f:id:nasunouka:20151130182651p:plain

あまりこだわらないなら無機能の厚手インナーでもいいと思います。

ミドラー

次に『ミドラー』は、インナーの上に来る部分です。

防寒はその気になればインナーとアウターだけでも何とかなったりしますが、それだけでは寒い場合、暖かさを補強するために挿入します。

暖かいだけでなく、ある程度の透湿性を備えていることが条件となります。

例としては『ダウンジャケット』や、『透湿性のあるタイプのフリース』などが該当しますね。

自分はインナーと同じメーカーのライトダウンジャケットを着用しています。

f:id:nasunouka:20151130183736j:plain

ライトダウンなので、暖かさが足りない場合はもう一層ミドラーを重ね着し、計4層構造にしても良いみたいです。

ですがこれもこだわらないならユニクロのダウンジャケットとかで十分な気はします。

アウター

最後の『アウター』は、一番表側の部分です。

保温性よりはむしろ、風を防いで冷気が侵入しないようにする、『ウインドブレーカー』の役割が求められます。また同時に、体から放出される水蒸気を逃がすための透湿性も必要です。

代表的なのは『ゴアテックス』を用いたものですね。

『防水透湿性』と呼ばれる特徴を持ち、水や風は通しませんが、水蒸気は通します。そのため冷気の流入を防ぎつつも、蒸れ蒸れになることがありません。

自分のアウターは『ノースフェイス』のマウンテンパーカーで、ゴアテックスではありませんが、似たような性質を持った素材です。そのためウインドブレーカーとしてアウターにできるのはもちろん、簡易雨合羽としても大変重宝しております。

ただしアウターはインナーやミドラーと違い、人の目に触れる部分なので、制服にするのであればそれなりに金をかけることをお勧めします。

インナーやミドラーはなかなか表には出ないので、ユニクロやワークマンの防寒着でも問題ないでしょうが、アウターまでそれだと見た目が残念になる恐れがありますので。

もちろん「機能性があればそれでいい」という考え方ももっともですが、自分はそれなりに街でも着れる制服が欲しかったので、アウターだけはノースフェイスをチョイスした次第です。

というのも、防寒着を選ぶにあたり、有力候補となるのはアウトドアメーカーやフィッシングメーカーのものですが、それらの中でも『ノースフェイス』や『コロンビア』といったメーカーはファッション寄りで、機能性を確保しながらも普通に街で着れるデザインのものが多いからです。

(その代わり、これらのメーカーはモンベルパタゴニアといったガチ系に比べ、同じ機能でもお値段2割増しとか言われてるらしいですが……)

ボトムスについて

上半身を対象として話を進めてきましたが、下半身も原理は同じです。

すなわち『インナー』『ミドラー』『アウター』の3層構造が望ましい。

ただし自分の場合、下半身は上半身ほどには寒さが堪えないので、防寒インナー+ジーパンの2層構造で終わりにしています。3層目を追加するとしたら、ゴアテックス系のズボンになるでしょうが。

f:id:nasunouka:20151127214728j:plain

またジーパンは高級メーカーのモノも安物も大して見分けがつかないとの考えから、普通にユニクロで済ませています。

靴について

特に防寒とか意識してないです。

探してみると、ダウンソックスとかいろんなものがあるみたいですけどね。

f:id:nasunouka:20151130192225j:plain

今は普通にベルクロのスニーカーを履いてるだけです。

f:id:nasunouka:20151130192432j:plain

また防寒とは関係ありませんが、なぜわざわざベルクロスニーカーかと言うと、近所のABCマートで試し履きした中で、一番しっくり来たからです(・∀・)

アウターなどと違い、靴を通販で買うのは履いた時のイメージがつかみづらいので、自分的には難易度高いです。

よってその辺の量販店でも試し履きできるような、ありふれた入手しやすいものに絞った結果、たまたまこれになっただけです。

ベルクロのようなマジックテープって、オシャレ観点からするとイメージ悪いですけど、着脱が楽なので個人的には気に入っています。

f:id:nasunouka:20151130193440p:plain

それと靴は結構見られる部分なので、量販店で買える靴とはいえど、それなりにじっくり精査して買っています。

オプションについて

f:id:nasunouka:20151127215138j:plain

坊主頭なのでキャップは必須。

ネックウォーマーも防寒具としては必須。

 手袋については、普通なら指先まですっぽり覆えるものを選ぶのでしょうが、自分は手袋を付けたままキーボードを打って仕事がしたかったので、あえて指先カットタイプを選びました。軽作業もできるし、指先なしタイプの手袋は結構おすすめです。

またハクキンカイロについては、自分は諸事情あって全く使わなくなりましたが、普通の使い捨てカイロより熱量が高く、ガチ勢に人気がある携帯カイロです詳細は気が向いたら書くかもしれません。

おまけ:春夏秋冬のバリエーション

今回の記事は冬の防寒がテーマでしたが、軽くそれ以外の季節のコーディネートについても触れておきます。

上半身:Tシャツ+防寒インナー+ライトダウン+マウンテンパーカー+オプション

下半身:トランクス+防寒インナー+ジーパン

上半身:Tシャツ+(ライトダウン)+マウンテンパーカー

下半身:トランクス+ジーパン

上半身:Tシャツ

下半身:トランクス+ジーパン

上半身:Tシャツ+(ライトダウン)+マウンテンパーカー

下半身:トランクス+ジーパン

 

さてここで重要なのは、夏を除外した全ての季節において、マウンテンパーカーが常に最前面に出ている』ということです。

夏には夏専用の服、冬には冬専用の服、といったスタイルではなく、季節に応じてレイヤーを増減していく形だと、最小限の種類の服で対応できます。

ですがその一方、同じアウターが常に最前面に出る形となるため、見た目の印象におけるそれらの重要度がきわめて高くなってくるんですね。

すなわち、チョイスに成功すれば恩恵は大きいけれど、失敗すれば1年のうち4分の3はしょうもない見た目で過ごす羽目になる』という諸刃の刃でもあります。

マウンパの責任は超重大。

インナーやミドラーはユニクロやワークマンでいいけど、『アウターには金かけたほうがいい』というのは、自分の場合そういう意味です。高級品と安物の差が分かりづらいジーパンと違い、アウターはその辺がモロに出やすいですからね。(後は靴も気合を入れて選びます) 

しょうもないアウターを選ぶと悲惨ですが、逆にきっちりしたアウターさえ選んでしまえば、ほぼ1年中きっちりした見た目で過ごせるということであり、特定の服がいつも表に出る『制服スタイル』のメリットが増加するのです。

広告を非表示にする