読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

『制服』をデザインする

ミニマリズム

f:id:nasunouka:20151127201310j:plain

『制服主義』

自分は現在、毎日同じ服を着て出勤しています。

というのも、『毎朝違う服を組み合わせてコーディネート』なんて、めんどくさいんですもん。自分はロングスリーパーで朝が苦手なので、着る服が決まっていると時間節約できて大助かりです。その分少しでも寝袋にくるまって寝ていることができます(ダメ人間)。それにたくさんの種類の服を買わなくて済みますしね。

スーツが着れる職場なら最初からこんなことで悩みませんが、自分のように正社員に縁のない人間だと、私服通勤は結構多いと思います。

世間的に、毎日同じ服を着ているといい印象は持たれないかもしれませんが、学生服やスーツがあるんだったら、私服だって毎日同じでもいいじゃないか。

定期的に洗って清潔ささえ維持できればそれでいいんです。後はヨシ!

制服主義の先人たち

『制服主義』と聞いて、自分が真っ先に思い浮かべるのはやはりジョブズです。あとはアインシュタインもそうでしたか。その他にも、成功者には制服主義の人が多いと聞きますね。

f:id:nasunouka:20151127210428j:plain

彼らに共通するのは『服選びなんぞで貴重なリソースを消費したくない』とか、大体そんなところではないかと思います。かく言う自分もそうですが。

もちろん、オシャレが好きでやってるなら大いに結構ですが、「毎日同じ服はちょっと……」という世間体だけでやってるのだとしたら、実に勿体ないことですね。

なぜなら、人に与えられた『時間』及び『エネルギー』は有限だからです。

義務感で興味のないことにそれらを割くぐらいなら、温存してもっと有意義なことのために使いましょう。

(※オシャレを楽しんでいる方は別)

……とは言え、男性ならまだしも、女性には難しいスタイルかもしれませんね。

ですので、オシャレさんや女性の方は、「ふーん、そういう考え方もあるんだ」程度に流していただければと思います。

 制服主義の実例

実例として、自分の『制服』を提示します。

ボトムス

f:id:nasunouka:20151127214728j:plain

ジーパン 防寒インナー ベルクロスニーカー フリコベルト

トップス

f:id:nasunouka:20151127215019j:plain

マウンテンパーカー ダウンジャケット 防寒インナー

アンダーウェア

f:id:nasunouka:20151127220101j:plain

ポリエステルTシャツ ポリエステルトランクス

オプション

f:id:nasunouka:20151127215138j:plain

イスラムワッチキャップ ダウンネックウォーマー 皮手袋(指先なしタイプ) ハクキンカイロセット

装着図

f:id:nasunouka:20151127215444j:plain

f:id:nasunouka:20151127215357j:plain

毎日同じ服とはいえ、清潔さを保つことは最低限必要なので、肌が直接触れるインナーやジーパンは、同じものを2つ揃えています。マウンテンパーカーやダウンジャケットは1着だけですが。

また毎日着る服なので、派手なデザインのものは避け、地味目になるように意識しています。

というのも、派手でオシャレ度の高い服は、その分飽きるのも早いからです。

それにそういった服は、毎日同じものを着ていると、かえって地味な服より恥ずかしいというか……オシャレで目立つだけに、『毎日同じ』という点がより強調されてしまうように思います。

制服主義のメリット

さて、こうして着る服をパターン化することで何が起こるか?

ストレスから解放されます。

これは自分の話ですが、元々オシャレとか苦手なんです。『ファッションセンス』って言われても良く分からないし、数学のように分かりやすい法則がなくてやりづらい。どちらかというと経験がモノを言う世界ではないかと思います。

ですがそんな自分でも「最低限街を歩ける程度のコーディネートを1パターンだけ確立しなさい」と言われたなら、なんとかやれそうな気がしてくる。

そう、何も高度なオシャレをしろって話じゃない。普段着としてパターン化できるコーディネートを、何とか一つだけ見つければいいんだ……。

そうやって自分は、自分なりに納得のいく『最低限街を歩けて自尊心を傷つけない程度のコーディネート』を確立することができました。

このコーディネートが他人から見てどう映るかは知りません。全体的にダークブルー系一色で、オシャレさんからするとダサイのかもしれません。

ですがどうでもいいんですよね、そんなことは。

 他人から見てダサかろうが、自分の中で似合っていればそれでいいんです!

疎い自分が言うのも何ですが、おそらくファッションの究極目的って『自己満足』でしょう? 周りの評価がどうだろうと、自分が満足できるならそれでいいんですよ。

f:id:nasunouka:20151127221724j:plain

(※この方のファッションは自分的にはかっこいいと思います)

ともかく、そういった『黄金のワンパターン』さえ構築できてしまえば、後は365日、常に自分の『ベストコーディネート』で生活できます。

「今日のコーディネートは気に入らない」とか、そういったストレスから解放され、常にお気に入りの自分でいられるのです。

メリットまとめ

・朝の時間を節約できる。悩まない。

・オシャレの苦手な人でも、『黄金のワンパターン』を構築することだけに注力すればよい。ファッションの敷居が下がる。

・ワンパターンさえ構築できてしまえば、常に『ベストコンディション』『ベスト見た目』な自分でいられ、ストレスから解放される。

 

以上

 

(それぞれの衣服の解説は、後ほど別記事にて行う予定)

広告を非表示にする