読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

【B.5ライフ】防草&整地編 Part1

f:id:nasunouka:20150321022757j:plain

防草&整地編突入

f:id:nasunouka:20150316011446j:plain

3/7(土)、晴れて下水工事が完了しました。

よって次は、防草及び整地作業を行います。

 具体的には、まず土地に生えた雑草を処理した後、防草シートを敷設し、その上から砂利を敷き詰めて完成です。

雑草処理

f:id:nasunouka:20150316011718j:plain

実は3/7に、業者さんが下水工事を行っている横で、自分も早速雑草処理を始めていました。

ただし2ヶ月のブランクから復帰した直後であり、しかも自分は植物が苦手です。

本来なら普通にブチブチと雑草をむしっていくのでしょうが、自分は土地の様子を見ただけで嫌気が差しました。

時期的には冬が開けたばかりで草も少なく、絶好の草むしりタイミングと言えますが、それでも腰を下ろして78㎡の土地を処理するのは骨が折れます。

そこで「何とか楽できる方法はないか?」と考えた末に、ちょっと変わったやり方を試すことにしました。

f:id:nasunouka:20150316012349j:plain

 

スコップで削る。

 

時期的に雑草はどれも丈の短いものばかりです。表面の土さえ削ってしまえば、ほとんどの雑草は処理できました。後はたまに露出する深い根っこを手で抜いていくだけです。

そして削った土は土地の隅っこに固めておき、後で土の少ない部分に埋め戻します。

f:id:nasunouka:20150316012937j:plain

(途中経過)

まぁスコップで削るのもブランク開けの肉体には十分キツく、人によっては普通にむしったほうが楽かもしれませんが、直接草を触らなくていいだけ自分はこの方がマシでした。

そうして土地の西エリアは処理が終わり、今度は東エリアに移動したのですが……

その時、ふしぎなことが起こった。

f:id:nasunouka:20150316013421j:plain

 

いくらスコップで突き刺しても、一向に削れない草がある。

 

f:id:nasunouka:20150316013726j:plain

 

お分かりだろうか?

 

f:id:nasunouka:20150316034745j:plain

 

木 の 根 っ こ 。

 

f:id:nasunouka:20150316035337j:plain

 

しかも注意深く周囲を掘り返してみると、同じ木の根らしきものが複数ある……。

 

f:id:nasunouka:20150316022431j:plain

恐らく前の住人が、家の庭に観葉植物でも植えていたのだろう。土地を買った際には全く説明されなかったから、今の今まで気付かなかった……。

せめて木ぐらい抜いといてくれれば良いものを……とは思うが、今更愚痴っても仕方ないので、対策を講じることに。

考えられる方法は2つ。

 

1.周囲の土を掘り起こして引っこ抜く

2.木の根にインパクトドライバーで穴を空け、そこから除草剤を流し込む

 

もちろん望ましいのは1だが、あまり深くまで根を張っているようだと人力では如何ともしがたい。その際は2の方式を採り、時間をかけて枯らしていくしかない。

というわけで、まずは1のやり方を採用し、抜根に挑戦することに。

抜根作業

f:id:nasunouka:20150316023538j:plain

まずは土を掘りかえしーー

f:id:nasunouka:20150316023559j:plain

スコップを挿入し、テコの原理で全体重をかける……が、抜けない。

f:id:nasunouka:20150316023716j:plain

うおおおおおおお……ッ!

f:id:nasunouka:20150316023947j:plain

(;´Д`)ハァハァ……

 

どうやら根っこが真下に向かって伸びているらしく、そのまま抜くのは不可能。

仕方ないのでノコギリで根っこ部分を切断し、根の本体部分を摘出した。

f:id:nasunouka:20150316024117j:plain

同様の方法で、残りの根も全て摘出する。合計4箇所。

f:id:nasunouka:20150316024216j:plain

f:id:nasunouka:20150316024258j:plain

f:id:nasunouka:20150316024312j:plain

抜けない部分はノコギリで切断したため、根っこの一部は地中に残ったまま。

そのためいずれ再生して生えてくるかもしれないが、だとしても当分先の話だろう。その時は改めて『インパクト+除草剤』方式で処理すれば良い。

厄介な木の根は全て片付けたので、後は残りの雑草をスコップで削って終了。

エンジンがかかるまではキツかったが、作業が終わる頃にはすっかり本調子に戻っていた。

だが次の工程となる防草シートがまだ届いていなかったので、そのまま帰宅となる。

f:id:nasunouka:20150316024745j:plain

f:id:nasunouka:20150316024958j:plain

(タイトル『つわものどもが夢の跡』)

 

Part2に続く

 

あとがき

次の記事以降は、はてなブログ一本に絞って活動を継続します。

またそれに伴い、ブログへのコメントははてなIDを持つ方に限定させていただきます。

というのも、はてブロの設定でこのような画面があるのですが――

f:id:nasunouka:20150316025411j:plain

以前からちょくちょく、誰でもコメントできる『ゲスト』と、はてなIDでログインしている人限定の『ユーザー』とを切り替えて実験した結果、やはり『ユーザー』の方が望ましいという結論に達したからです。

簡単に言ってしまえば、はてなID持ちの人の方が、気合の入ったコメントが多いです。

主に考えられる理由は二つ。

 

1.はてなIDを持ち、かつブログも運営している人がコメする場合、しょうもないコメントをすれば自分の評価が下がるから。つまり対外的な視野と責任感が備わっている。

 

2.わざわざコメントのためだけにはてなIDを取得した人は、面倒な手続きをこなすだけの気概を備えていることになるから。

 

よってはてなID持ちに限定することで、最低限のフィルター効果を得られると考えています。

自分は基本的に、最低1回はコメントに返答する主義なので、「どうせ返答するなら返答しがいのあるコメがいい」ということですね。

……まぁこんなことを書くと、コメントを書く側にもプレッシャーを与えてしまうかもしれませんが、最低限の節度を守ったコメなら大丈夫です。

 

面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。

広告を非表示にする