読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

姫姉様オフ会レポ

f:id:nasunouka:20150222210509j:plain

(自分はミトかユパになりたい(意味不明)

東京オフ会

2/21(土)、姫姉様が東京にやってくるとのことで、自分もオフ会に参加してきました。


場所は東京の渋谷。

まずは19時より0次会があり、その次に20時から1次会となって解散ですが、自分は0次会の前に1時間半ほど雑談させてもらいました。

f:id:nasunouka:20150222195515j:plain

渋谷ヒカリエ4階 休憩用ベンチにて)

「写真はフォトショで美人加工して!」と頼まれましたが、自信がなかったので横縮小&顔全隠しにて対応します。 

また、この時の雑談内容は次の記事で取り上げます。結構本格的な内容なので、まとめるのに手間がかかりそうです。

0次会

そして19時に近づく頃、ちらほらと0次会の参加者の方々がやってくる。

自分は既に、たっぷり雑談させてもらったので、目立たぬように撤退して受付係に専念する。どうせなら初めて姫姉様と話す方々に時間を使って頂きたい。

f:id:nasunouka:20150222195932j:plain

参加者は全部で44名だったが、既に半数以上の24名の方が0次会に参加されていた。割合としては女性の方が圧倒的に多かったですね。

そして19:45の時点で渋谷TSUTAYAに移動し、1次会参加者の方々と待ち合わせ。

1次会

残りの参加者と合流した後、渋谷TSUTAYAから飲み屋に移動。

人数が多いため、貸切にて飲み会となる。

f:id:nasunouka:20150222200813j:plain

f:id:nasunouka:20150222200851j:plain

また、参加者の方の一人が誕生日だったため、ケーキのサプライズにて祝福。

f:id:nasunouka:20150222200925j:plain

f:id:nasunouka:20150222201029j:plain

(写真中央の方がそう。自分も酔っていたため写真ブレまくり)

その方ははるばる北海道から参加されたとのことで、よほど姫姉様に会いたかったのだろう。自分もかつて、千葉から大阪まで会いに行った経験があるので、その気持ちは本当によく理解できる。

今や姫姉様はミニマリスト界のアイドル的存在である。「自分も姫姉様みたいになりたい!」と女性に憧れさせるだけの力を持った『カリスマ』なのだ。

f:id:nasunouka:20150222201108j:plain

皆さん飲み会を満喫できたようで、オフ会は大成功で幕を閉じた。

また自分も、主役はあくまで姫姉様なので終始目立たないようにしているつもりだったが、ブログや動画を見てくださってる方々と楽しく話すことができた。特に「ナス農家さんって、ナスの農家されてるんですか?」との質問は6回ぐらい受けた気がする。(してません)

それと「ナス農家さん、またオフ会やらないんですか?」とのリクエストも頂いたので、「近いうちに『ニコニコお気に入り500人突破記念』でクリナーズハイやります」と予告しておいた。「土曜日がいいです」「場所は都会がいいです」との意見を取り入れ、場所は東京浅草に決定。いつやるかは未定だが。

解散後

姫姉様は翌日も別のオフ会があるので、そのままお別れ。2次会をやるムードでもなかったのでそのまま解散となった。自分も終電ギリギリで帰宅。

だが帰宅後も、ちょっとした楽しみが待っていた。

f:id:nasunouka:20150222201717j:plain

ねんがんの ファンレターを てにいれた!!

さすがに手紙の内容は秘密だが、その方は以前から自分の動画をチェックして下さっており、自分のことを『素晴らしい人間』とまで言ってくださった。しかも超美人。

当然だが、自分はファンレターなんてもらったことは人生で一度もない。超感激した。「これまで活動してきて良かった……」と涙が出そうになった。

更には封筒を開けてみると、中に千円札が一枚入っているではないか!! 「これでおいしいものでも食べてください」との暖かいメッセージが。

『自分のリアルマネーを差し出す』という行為がどれだけ難しく、尊いことであるか、自分はこれまでの活動で身に沁みて思い知らされている。姫姉様は「金は誠意!」と言っていたが、まさにその通りで、相当の愛と覚悟がなければできることではない。

つまり今回、自分は『ファンレターをもらう』『お金を支援してもらう』という快挙を、二つ同時に達成してしまったことになる。

「もう思い残すことはない……」「やりきった……」感が半端ないが、そうではなく、むしろこれからも活動に注力していくべきだろう。

f:id:nasunouka:20150222203317j:plain

広告を非表示にする