読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

【B.5ライフ】電気引き込み編 Part3

f:id:nasunouka:20141021182725j:plain

お詫び

今回の作業にあたり、デジカメのバッテリーを充電し忘れるという大失態を犯しました。そのため一部写真をガラケーで撮影しており、それを更にデジカメで撮影し直すという荒行を行っているので、一部糞画質です。ご了承願いますorz

プラスチックボックス設置

前記事で設置した引き込みポールに、機器収納用のボックスを設置します。

f:id:nasunouka:20141021183101j:plain

f:id:nasunouka:20141021183309j:plain

Sponsored by 『クリナーズハイ!

宣伝乙

 

下準備

プラスチックボックスの裏側にビス止め用の穴が8ヶ所あるので、そこから台板(ベニヤ)を固定します。

f:id:nasunouka:20141021183748j:plain

f:id:nasunouka:20141021183755j:plain

そして更にボックス&台板をポール本体に固定する流れです。

f:id:nasunouka:20141021184124j:plain

まずベニヤ板にポール固定用の半円形パーツをつけますが、使用されているボルトのサイズをメジャーで測ると、5mmと判明。

Amazonで買っておいた新兵器『インパクトドライバ』を使い、ベニヤ板に5mmの穴を開けていく。

(インドラは先端のビットを交換することで、ドライバーにもドリルにもなる)

f:id:nasunouka:20141021185029j:plain

そして穴を空けたところでビスを通し、半円形パーツを仮止めする。

f:id:nasunouka:20141021185644j:plain

f:id:nasunouka:20141021185735j:plain

 試しにつけてみて、ちゃんとポールにはまるか確認するためだ。

f:id:nasunouka:20141021185824j:plain

 ビス穴の位置は合っている事が分かったので、ベニヤの余計な部分をノコギリでカット。

f:id:nasunouka:20141021190337j:plain

 防腐処理

ベニヤ板は365日野ざらしとなるので、何もしなければいずれ腐ります。 

よって防腐処理が必要です。

f:id:nasunouka:20141021190551j:plain

近所のホームセンターで入手した『クレオトップ(防腐剤)』『ハケ』『ラッカー薄め液(ハケ洗浄用)』『洗浄用バケツ』。

両面とも、塗りを2回に分けてコーティングしていきます。

f:id:nasunouka:20141021190922j:plain

1度塗ったら乾燥、もう1度塗ったら乾燥、そして完成。

先の半円形パーツを正式に装着する。

f:id:nasunouka:20141021191142j:plain

f:id:nasunouka:20141021191112j:plain

ボックス固定

次にボックスをベニヤの上に乗せ、内側からインドラでビス穴を開けていきます。

f:id:nasunouka:20141021191344j:plain

ボックス裏8ヶ所の穴をメジャーで測ったところ、こちらも5mmだったので、同じくホームセンターで5mmビスを調達。

だが箱の内側は狭く、直接インドラで穴を貫通させることはできないので、おおまかな位置のガイドだけ付ける。

f:id:nasunouka:20141021192241j:plain

ボックスをどかし、ついたガイド痕に従って穴を開ける。

f:id:nasunouka:20141021192325j:plain

そして改めて、箱内側からビスを固定する。

f:id:nasunouka:20141021193013j:plain

その後……

実はこの後、ボックス&台板をポールに固定するところまでは行ったのですが、せっかくの完成写真が糞画質だったのと、予想外の事態が発生したため、10/21(火)にもう一度作業しに行ってきました。

お隣の家にご年配の女性が住んでおられるのですが、その方曰く

「ナス農家さん、今そこに道具とかおいてらっしゃるでしょう? でもこの辺りね、夜に軽トラックがやってきて置いてあるもの皆積んで行っちゃうのよ。せっかく買ったのにそれじゃ困るでしょうから、小さな倉庫でも置かれたらどうかしら?」

とのこと。

要するにみみっちい空き巣野郎が現れるため、早急に倉庫を用意し、道具類を格納する必要があるらしい。

f:id:nasunouka:20141021194414j:plain

(当時の道具置き場。確かに防犯力はゼロに等しい)

本来なら倉庫の設置は防草処理後の予定だったが、そんな悠長なことも言っていられなくなった。

ホームセンターで速やかに配達を依頼し、最短日程の火曜日に届けてもらうことに。

そしてこちらも有給を取得し、10/21の再作業に至る。

リベンジマッチ

その日はあいにくの雨。小雨が降りながらの状態で作業する羽目に。

だがデジカメのバッテリーは満タンである。

f:id:nasunouka:20141021194935j:plain

ボックス完成図

f:id:nasunouka:20141021195202j:plain

ボックスを台板にビス止めし、更にその台板を固定パーツでポールに固定してある。

f:id:nasunouka:20141021195332j:plain

ボックス内部には木の板が付いているので、ここに電気メーターやブレーカーやコンセント口を設置してもらう。

やり残した作業

『引留ボルト』というパーツがある。

f:id:nasunouka:20141021195837j:plain

ポールの最上部に設置し、穴の部分に電線を通して引っ掛けるものと思われる。

本来なら上部ポールを立てる前に付けておくべきパーツだったが、すっかり存在を忘れていた(爆

だがボヤいても仕方ないので、脚立を使って高所作業する。

f:id:nasunouka:20141021200227j:plain

(分かりにくいが、脚立中心部とポールをオレンジ色のロープで固定してある)

最上部に貫通穴があるので、保護キャップを外した後、そこにボルトを通してレンチで締める。

f:id:nasunouka:20141021200424j:plain

でもやってみて思ったが、こういう作業をする場合は、やっぱり安全帯ぐらい用意すべきだと思う。

よい子のみんなは(以下略

f:id:nasunouka:20141021200903j:plain

ボルトを通した穴のサイズが大きく、ところどころ隙間が生じているため、雨水が入らないようコーキング処理する。

f:id:nasunouka:20141021200947j:plain

コーキング剤を指で塗っているので雑だが、防水性能に問題はないはず。

f:id:nasunouka:20141021205453j:plain

そしてこの作業をもって、引込ポールの全工程終了。

これ以降の電線引きこみと各種機器設置は電気屋の仕事だ。これから早速電気屋を探す予定。

倉庫設置

だがポール作業が終わっても、やることはまだ残っている。

作業中に配達されてきた小型倉庫を設置しなければいけない。

f:id:nasunouka:20141021201743j:plain

f:id:nasunouka:20141021201827j:plain

価格は9,980円+送料1,080円=『11,060円

f:id:nasunouka:20141021201953j:plain

一見大変そうだが、中に説明書が付属しており、その通りに組み立てれば良いので問題はない。ドライバ一本あれば完成できる。

f:id:nasunouka:20141021202051j:plain

途中から普通のドライバーでなくインパクトドライバーに移行したことで、ネジ止め作業がスムーズに進行した。

f:id:nasunouka:20141021202612j:plain

f:id:nasunouka:20141021202103j:plain

この辺りから重量がきつくなってきたので、あらかじめ水平器で水平を取っておいたブロックの上に乗せる。

f:id:nasunouka:20141021202152j:plain

f:id:nasunouka:20141021202332j:plain

作業スペースは狭くなったが、何とか完成させる。

f:id:nasunouka:20141021202347j:plain

f:id:nasunouka:20141021202824j:plain

工具類が内側にピッタリ収まった。ミニマリストなので、倉庫のサイズも最小限に抑える。

だが脚立が入らなかっt

f:id:nasunouka:20141021203738j:plain

倉庫を設置したおかげで、見た目が大分綺麗になった。

これでようやく本日の記事終了!

次のB.5ライフ記事は、電気屋さんが工事する日になると思います。

広告を非表示にする