読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

【B.5ライフ】電気引き込み編 Part1

f:id:nasunouka:20141023194901g:plain

電気の引き込みについて

通常、建物に電気を引きこむ際は、電線を引っ張ってきて壁に配電盤を設置します。

ですがB.5ライフではそのやり方は不可です。直接電線を固定してしまうと、その建物は『建築物』扱いになり、『建築確認申請』を通す必要が生じるからです。

以前お世話になった不動産屋に聞いたところ、建築士に設計だけしてもらって後はセルフビルドする形でも、70万円近くかかるらしい。論外である。

そしてトレーラーハウスであっても、電線を固定した時点で建築物扱いになってしまいます。建築基準法の適用されない『車両』の扱いを受けるには、インフラを固定せず、いつでも切り離して移動できる状態にしておくことです。

そこで一工夫必要となります。

引込柱を経由させる

『引込柱』と呼ばれる設置物があります。

「何のこっちゃ?」と思われるでしょうが、皆さんも確実に一度は視界に入れたことがあるはずです。ただ意識しなかっただけで。

f:id:nasunouka:20141023194919j:plain

(こんな感じのやつ)

電線と建物の間に距離があったり、もしくは建物のない農地で電気を使いたい場合など、このような中継用の柱を立てるのです。

今回のB.5ライフにおいても、この引込柱を利用します。

引込柱には電気メーターやブレーカーなどを収納するボックスが固定されていますが、そこにコンセントの差込口も追加し、トレーラーハウスから引っ張ったプラグを差し込みます。

f:id:nasunouka:20141023195145j:plain

こうすれば電気を固定したとは見なされず、『半固定』という扱いになります。

その気になればいつでもプラグを外し、ハウスを移動させることができるからです。

引込柱の設置法

普通なら電気屋に頼んで設置してもらうのでしょう。

ですがそれだと、余計なマージンを取られそうというか、割高になりそうなので、途中までは自分でやってみることにしました。柱とボックスの設置は自分でやり、電線の引きこみだけ業者にやってもらうスタイル。

引込柱の入手先

だがそもそも、引込柱ってどこに売ってるんだろうか? Amazon 素人の自分にはチンプンカンプンです。

色々ググった結果としては、Panasonicの『Eポール』なる商品がそれらしい。

一応公式サイトに価格も表示されているのだが、ショッピングカート的なものがない。おそらく卸業者とのやり取りがメインであり、個人には直接販売していない模様。


だがそれでは困るので、個人向けのサイトがないか探してみた。

電げっと

あった。このサイトを経由すれば、個人でも引込柱が入手できる。しかも公式サイトの価格より安い。

パナの公式カタログで必要なパーツは目星をつけておいたので、以下の内容で注文。

・ 型番:DDGR230W 販売価格:8,988円(税込)

カラーEポール ジョイントタイプ 全長6.3m用 本体上部柱3m

・ 型番:DDGH352W 販売価格:15,374円(税込)

カラーEポール ジョイントタイプ 全長6.3m用 本体下部柱3.6m

・ 型番:DDF502P 販売価格:2,941円(税込) ×2

足場ボルト 89

・ 型番:DDF042W 販売価格:520円(税込)

ジョイントカバー 89

・ 型番:DDE202W 販売価格:394円(税込)

先端キャップ 89

・ 型番:DD063P 販売価格:1,333円(税込) ×2

メーターバンド片面 114(プラスチックボックス用)

・ 型番:BPP710W 販売価格:13,797円(税込)

プラスチックボックス [木板ベース付] 屋根付

・ 型番:DD007W 販売価格:914円(税込)

引留ボルト

 

合計:48,535

※上記、大半の方にとってはどうでもいい情報ですが、もし同じことを考えている読者さんがいたら確実に役立つはず。必要なパーツはカタログの『19、引込ポール』『22、キャビネット』の項目にあり、型番で検索すれば見つかります。

引込柱の輸送法

 Amazon楽天で商品を買った場合、送料はかかってもせいぜい数百円です。

しかし今回の引込柱、ジョイント式のものであっても、上下それぞれ3m以上の長さがあります。

 この手の商品は『長尺物』(ちょうじゃくもの)と呼ばれ、困ったことに普通の運送業者では扱ってくれないのです。多くの場合、チャーター便と呼ばれる貸切の便で運ぶ形になります。

 

だが高い!

 

先の『電げっと』においては、

この商品は配送時に長尺物輸送料が別途かかります。チャーター便で関東お届けの場合は42,000円から。

と書かれていますが……

 

高ぇよ!!

(大事なことなので2度言った)

 

わざわざこんな馬鹿げた運賃を払う気にもならないので、もっと安値で扱ってくれる業者がないか探す。

最初は佐川急便の『飛脚フリーサイズパッケージ』をあたったが、しばらく前にルールが変更になったらしく、今は長尺物取り扱い不可。

次にヤマト運輸の『ヤマト便』を検討したが、こちらも長さ制限有り。

次に日本通運に連絡したが、長尺物を扱っているのは業者の依頼のみで個人は不可。

 最後に西濃運輸の『カンガルー便』で問い合わせたところ、個人依頼でも長尺物を扱ってくれるらしい。やった!!

電げっと側に「運送業者を変えてくれ」というのもアレなので、直接来社して商品を受け取る方式を選択。ショップ前で西濃さんと待ち合わせし、集荷を待つ。

f:id:nasunouka:20141023195204j:plain

f:id:nasunouka:20141023195215j:plain

だが集荷の際、時間指定はできないらしく、「午後に集荷します」と言われただけだった。しかもショップが土日休みのため、わざわざ有給をとって平日に行く羽目に。

その上、万全を期してきっちり12時には現地に着いたというのに、結局18時まで待ちぼうけを喰らった。FU〇K!! 

だが肝心の料金はというと、たったの『6,205円』で済んだ。

……いや、普通の商品と比べれば十分に高いのだが、 元が42,000円だったことを考えれば破格である。

ショップまでの往復交通費、集荷までの時間潰しに使ったネカフェ代等を含めても、確実に3万円以上は節約できている。わざわざ有給を使ってまで出向いた甲斐があった。

ともかくこうしてポール本体は無事配送。残りのパーツも普通に配送してもらえた。

ただしポールについては、集荷のみならず配送日までも指定できないので非常に不便だった。本当なら日曜が良かったのだが、向こうも日曜は忙しいとのことで土曜になってしまった。土曜は簿記3級の授業があるんだよ! おかげで行けなかったじゃないか!

f:id:nasunouka:20141023195306j:plain

(配送後、現地にて)

f:id:nasunouka:20141023195321j:plain

(引込柱用のプラスチックボックスと各種パーツ)

 


 

■次回、『Part2』に続く (ポールの設置工程)

 

あとがき

この度、最小の流儀2の ネバダ州さん と相互リンクさせていただきました!


ネバダ州さんも自分と同じ29歳とのことですが、あちらは『オシャレ系』のミニマリストさんです。さすがは美容師!(自分は『見た目が残念系』)

同世代ゆえか、記事でロマサガネタが被ったこともありました。(自分の方が後出し)

ネバダ州さんはマンガから画像やネタを引っ張ってくるのが得意で、その辺も微妙に自分と似た匂いを感じます(つまりサブカル系)。

そして生粋のジョジョラーです。

また記事につきましても、更新頻度が高く、ユニークな着眼点から物事を分析されているので、読む側としても刺激があって気付きのきっかけになると思います。

ミニマリストに興味のある方、そしてジョジョ好きな方は是非どうぞ!!

広告を非表示にする