読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

誘惑に打ち勝つ最強の方法 ‐前半‐

f:id:nasunouka:20141023193952j:plain

※リクエスト記事です。

 

『誘惑』と一口に言っても色々ありますが、話を分かりやすくするため、ゲーマーだった自分の例を挙げてみます。

 

自分は物心付いたガキんちょの頃からTVゲームが大好きでした。

小学生の頃にはまりすぎたため親にゲームを禁止され、そのまま高校まで進学しましたが、解禁が解けると同時に反動で更にのめり込んでしまいました。

そのまま大学に進んでも、授業のつまらなさにネトゲ廃人と化し、就職してからも一目散に帰宅して洋ゲーをやる始末。

つい数年前までは、エロゲーにはまっていました(懺悔

エロ目当てじゃないよ! 18禁の大人向けなシナリオが好きなんだ!

 

でも今では、憑き物が落ちたかのようにゲームをやらなくなりました。

序盤だけしばらくプレイすれば、大体そのゲームがどの程度の出来で、どういった展開を迎えどのように終わるのかが想像できてしまうからです。

ここまで書けば何となく伝わったかもしれませんが、誘惑に打ち勝つ最強の方法とはーー

 

『飽きること』

 

です。

これに勝る方法を自分は知りません。

 

例えばドラクエ3には『あそびにん』という職業がありますが、なぜか彼らはレベルが上がると『けんじゃ』になれます。

その理由については諸説ありますが、自分は「飽きたのだろう」と考えています。

遊びにのめり込み、極めてしまって、それ以上やることがない。昔はあれほど心躍らせていたものが、今や単なる二番煎じ三番煎じにしか見えない。

「こんなものか」という一種の諦念が生じたのでしょう。

それでも強引に遊びを続けようとすれば、むしろ苦痛ばかりが増してきます。どんなに優れたエンターテイメントも、同じことを反復すればいつかは飽きます。

レディー・ガガのライブでさえ、2回目3回目と見るうち目が慣れて、既視感を覚えるようになるのです。

(サムネイル画像の見切った人は、きっと女遊びに飽きたのでしょう)

 

ですから、どうしても誘惑を克服したいなら、あえてとことんのめり込んでみるのも手ではないかと思います。

 

全身全霊を尽くして没入し、最短距離で飽きるのです。

 

和ゲー、ネトゲ洋ゲー、エロゲとやり尽くすまで、人生の貴重な時間を大いに無駄にしましたが、されどこの方法以外では到底今の状態になれなかったでしょう、

効果の絶大さは、自分が保証します。

 

ただし、このやり方が必ずしも最善とは限りません。

 

■後半に続く

 

あとがき

質問への返答

ちなみにリクした読者さんの質問として、「たまにはトンカツ食いたいとか思わないんですか?」というのがありましたが、食習慣については飽きたというより『懲りた』の色合いが強いですね。

かつての自分は1日3食きっちり食っていました。自分の体が慢性的にだるいのは、栄養が足りていないからだと解釈し、更にドカ食いする始末でした。そうして人生を大いに踏み外しました。
その反省から、「食の誘惑に溺れてもろくなことにはならない」と、潜在意識に嫌というほど刻み込まれたのでしょう。今のような食習慣でも普通に満足できるようになりました。

相互リンク歓迎

またこの度、同じミニマリスト系ブログを運営していらっしゃるMaoさんと相互リンクさせていただきました。



以前にチョコレートネタの記事で、自分がコメントしたのがきっかけとなります。

f:id:nasunouka:20141023194008p:plain

 ……いささかコメがガチ過ぎるというか、空気詠み人知らずな気がしないでもない。 

それはさておき、こちらのMaoさんは若くして倹約に励み、20代でセミリタイアするための資金を貯めておられるとのこと。投資系のスキルもかなり高そうです。

いずれはセミリタイア系の記事をどしどし書いてくれるだろうと、密かに期待しています。

また更新頻度が高く、知性の高さを感じさせる『ためになる記事』が多いので、興味のある方は一読されてみてはいかがでしょうか?

自分のブロマガを読んでるような方は、ミニマリスト系のブログを読み漁ってみるのも面白いかもしれませんね。

広告を非表示にする