読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doer(一日一食でミニマリストで原始仏教徒)

Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

シャンプー記事がニコニコTOPに掲載される事案が発生

わたくしごと

f:id:nasunouka:20150318023006j:plain

その記事を読んでお気に入り登録された方には今更ですが、この前書いた『俺がシャンプーをやめた理由』がニコニコTOPのブロマガコーナーに掲載されていたようです。
そこから大量の視聴者が集まり、連鎖的にニコ動上部のニュース欄にも表示されたらしく、閲覧数がとんでもないことになってました。

f:id:nasunouka:20150318040126j:plain


バカな……!?


それに引き上げられる形で、それ以外の記事の閲覧数も増えましたが、普段は2~300程度が関の山です。TOP欄の力って恐ろしい……。

正直ブロマガって大して読者人口多くないかと思ってたんですが、一部の人気記事に人が偏ってるだけで、潜在的な読者数は結構いるんですね。


それはさておき、これだけ閲覧数が増えれば老若男女色んな読者が集まるわけで、そこはまさしく『玉石混合』のカオスな様相を呈しておりました。(失礼な言い方ですみません)
下は単なる中傷から、上は自分の認識を広げてくれる素晴らしいコメントまで、世の中には色んな人間がいるんだなぁと今更ながら感心させられた次第です。

ですが全体的な割合としては、「湯シャンとか頭おかしいんじゃねぇの?」的な否定コメの方が多かったですね。
ネットサーフィンしたり、2chの湯シャンスレ見たり、身内だけでコメのやり取りしてるとついつい忘れがちですが、世間的には湯シャンはまだまだマイノリティであることを思い知らされます。世間的マイノリティの集う(失礼!)ニコニコにおいてすら、ということです。

で、せっかくなので、否定派のコメの中で目に止まったものをピックアップしてみたいと思います。

1.『くっさ』

まぁ自分も昔は似たようなこと思ってたんで、批判する権利はないんですけどね……。
湯シャンやってる本人が臭くないと言っても、「あなたが感じないだけで周りは臭いと思ってるよ」的なコメが後を絶たないと思われるので、反論するだけ無駄でしょう。

自分の感想としては、食生活や生活環境に左右される部分が大きいだろうと思っています。
特に食生活について、肉食主体の欧米人は体臭が強いといわれるように、いつも動物性のものばかり過食していると、おそらく臭いタイプの湯シャン人間になると思われます。
自分もたまに飲み会で炒め物や肉食ったりすると、自分でも明らかに体臭が強くなってるのが分かります。排泄物もいつもより臭いです。
ですが平時の自分のように、一日一食で植物性のものばかり食ってるような生活だと、臭くないタイプの湯シャン人間になるでしょう。

いずれにせよ、周りの信頼できる人間に「私、臭いですか?」と聞いてみて、臭くないと回答されたならそれを信じればよいかと思います。

2.『お前の思想とかどうでもいい。宗教くさい』

既にこの時点でシャンプー関係ないんですが、「もっと客観的事実だけに徹して欲しい」とか、果ては「宗教臭くて気持ち悪い」という意見までありましたね。

言いたいことは分からないでもないんですが、でもユーザーブロマガのような個人的な場で、客観的事実だけに徹するというのもどうなんでしょう? それってただのデータですよね?
わざわざ専門家を差し置いて、自分がそれをやる必要性を感じないですし、書く側としても非常に退屈でつまらんです。
そんなにデータが見たいなら、こんなブロマガなんぞ読んでないで、さっさとグーグル先生にお世話になるなり、書籍を読むなりした方が良いと思うんですが……。

それに今回の記事が、有料の電子書籍等であるならば、できるだけ個人のカラーを消すという方向性には賛同できますが、たかが無料のブロマガでそこまでやってられませんよね。
むしろブロマガで個人の思想を書いちゃダメなら、一体どこに書けばいいのでしょうか?
チラシの裏にでも書いてろ? ……いやいやご冗談を。

ここがそのチラシの裏です。

でも彼らの気持ちも分からないわけじゃないんです。
TOPのブロマガコーナーに載ってるぐらいだから、そこらのニュースサイトのような客観的な内容を期待したが、実際はかなり個人色が強かったという、期待と現実のギャップが大きかったために不満が噴出したのでしょう。

そして残念なことに、自分はミニマリストであり、普通の人とは感覚がズレてます。そんな記事を読んでしまったのが運の尽きでしたね。

でも勘のいい人なら、「俺がシャンプーをやめた理由」というタイトルの時点で、個人的な思想が入った記事だと見抜けるような気がしないでもない。

……それと日本人は宗教というものをやたら敵視してる人が多いですが、一部のカルトに毒されすぎですね。

3.『独善的で主観的な内容しか書けてない』

なぜかいきなり喧嘩腰のコメだったのですが、ともかくそういう指摘を頂きました。
ですが冷静に考えてみると、これも奇妙な話です。
『独善的で主観的~~』とは、記事中における思想の部分を言っているのでしょうが、そもそもこの世に『独善的でも主観的でもない思想』なんて存在するのでしょうか?

まず記事中で述べたシャンプーをお勧めしない理由の『Ⅰ、Ⅱ』は、完全にデータ説明の領域ですので、自分なりに客観的な記述になるよう努めたつもりです。
ですが『Ⅲ、Ⅳ』は完全に自分のミニマリストとしての思想部分になりますので、客観的にしろと言われても無理な話です。

だってそもそも思想というのは「私はこう思う」を体系化したものなんですから、どう足掻いても主張者の『主観的』なものになるはずであり、少なからず独善が含まれるはずなんですね。『客観的』という表現が成立するのはデータの分野だと思います。

個人的に『客観的な思想』という言い回しは、『馬から落馬する』と同じぐらい違和感を覚えます。

4.『あなたができたからといって他の人もできると思わないように』

一応「シャンプー使いたい人は使ってもいいよ」的なまとめ方をしたつもりなんですが、強調が足りなかったようですね。
『大して髪をいじりもしない人種には無用の長物』とか、その辺の表現が誤解を招いたのかもしれません。あとは食生活によって湯シャンが向かない可能性とか、その辺も本格的に掘り下げていればよかったのかも。

ただ同時に思うのは、これだけ閲覧数が多くなってしまうと『何を書こうが必ず誰かしら批判する人間は出る』ということですね。

細かいことなんて気にするだけ無駄なのかもしれません。

自分のようなマイノリティやってると特に強く感じるのですが、同じ人間同士であっても、真に分かり合える人間なんて本当に数が限られるんですね。
親子や夫婦ですら考え方が異なるのに、いわんや赤の他人をや、です。

現に自分も、自分の考え方に100%同意してくれる人なんていないと思っています。
自分をお気に入りに登録してくれた方々は、比較的そのパーセンテージが高いと思われますが、それでも受け入れられる部分とそうでない部分があるはずです。

ですから皆様には、自分の記事の参考になる部分だけ吸収し、そうでない部分はザックリ切り捨てていただければと思っています。(今更言われるまでもないでしょうが……)

そして改めて、今回自分をお気に入り登録してくれた30名の方々に申し上げておきたいのですが、自分のブロマガにはかなり思想成分が含まれます。
有料の電子書籍や本などと違い、ブロマガはそういう場だと認識しているが故ですので、その点はくれぐれもご了承ください。

あとがき

最後の疑問。

そもそもなぜ、自分の記事がニコニコTOPのブロマガコーナーに載ったのだろうか?
それも、投稿直後とかならまだ分かるが、なぜ1週間以上経った今頃になって?

おそらくですが、ニコニコの中の人が自分の記事に目をつけて、ピックアップしてくれたのだろうと勝手に推測しています。
というのも、ブロマガコーナーに表示されていたタイトルが『俺がシャンプーをやめた理由』ではなく『俺がシャンプーをやらなくなったワケ』(だったかな?)と、微妙にアレンジされていたからです。プログラムで機械的に表示されたのではなく、人の手が加わった証拠です。

今回、閲覧数が爆発したことで、必ずしも良いことばかりが起きたわけではありませんが、それでもトータルで見たら大幅のプラスだったと思います。現にお気に入り登録が一気に30人近く増えてくれました。
それにニコニコの中の人にピックアップされたということは、自分の記事を面白いと思ってくれた証拠ですから、自信にも繋がりました。

どなたかは存じませんが、ニコニコの中の方、本当にありがとうございました。
そしてシャンプー記事をリクエストしてくれたrerereさんにも深く御礼申し上げます。

(お気に入り500人行ったら何かやろうかなぁ……)

広告を非表示にする